血液型別ダイエット食事の注意点

血液型別ダイエットはアメリカのドクター・タダーモ博士が出版した本がベストセラーになり、この研究をすすめて血液型別サプリメントが発売されて人気になったそうです。

食事の注意点を血液型別にあらわしています。

A型の人は胃酸の量が少ない体質化から肉や魚が消化しにくいそうです。

O型の人より肉を食べるとその脂肪分が体内に蓄積されやすいのだとか。

野菜中心の食生活で大豆製品の利用も適しているそうです。

O型の人は身体が肉や魚の消化に優れ、逆に炭水化物は新陳代謝を遅らせる働きをするため脂肪の少ない肉、魚を中心に摂取しご飯やパンなどの炭水化物は控えた食生活がいいそうです。

B型の人は体内の消化システムが他の血液型の人より優れているため肥満の問題が少ない血液型のようです。

やはり脂肪分の少ない物を摂る方がいいそうで、小麦粉は体内に脂肪として蓄積されるため注意が必要のようです。

AB型は体内で放火システムがA型になったりB型になったりする傾向にあるようです。

A型より消化能力はあるものの胃酸は少ない方なので肉は避けた方が無難なのだとか。

アメリカの研究なので日本人はどうなのか、血液型占い程度に信じればいいのかなど疑問もありますが、自分に合った食べ物をみつけダイエットの効果を上げていきたいですね。

=>血液型ダイエットの電子書籍はこちら


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ