ダイエットとお酒の付き合い方

お酒自体は太らないと耳にしたことがあるかと思いますが、アルコールのカロリーはアルコールを消費するためのもので蓄積されないことからきているようです。

しかしお酒はアルコールの他に糖質が含まれているため太る原因になります。

さらにお酒は肝臓で分解されます。

アルコールの代謝が優先的に行われるため、脂肪の代謝がすすみません。

おつまみで摂取する使われないエネルギーは脂肪として体に蓄えられてしまいます。

高カロリーのおつまみは注意が必要です。

またアルコール代謝は肝臓でアルコール脱水素酵素の働きによって最終的に炭酸ガスと水に分解され体外に排出されます。

この代謝の過程で肝臓のエネルギー源はブドウ糖です。

お酒を飲むことで血液中の血糖値が減少します。

血糖値が下がった状態は空腹感が増しそれを補うために炭水化物のものを摂取したくなります。

炭水化物は消化されるとブドウ糖になるものです。

お酒を飲んだ後、ラーメンやご飯類を食べたくなるのもうなずけます。

夜遅くの炭水化物は太る原因になります。

お酒を飲むときはまず飲み過ぎには注意をすることです。

適量といわれるのはお酒1合、ビール中瓶1本です。おつまみは低カロリー食品の枝豆、お豆腐、お刺身、サラダなどを選びましょう。

最後に食べたい炭水化物はがまんできない時には低カロリーの雑炊を利用するのもいいでしょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ
お酒