ガセリ菌SP株のダイエット効果

ガセリ菌SP株とは
乳酸菌の一種でラクトバチルス・ガセリSBT2055株ともいわれ、摂取することによって内臓脂肪が低減することを雪印乳業などの研究グループが発表しました。

人間の小腸や大腸には善玉菌が存在し、腸内の悪玉菌の増殖を抑え腸内環境を整える働きをしています。

善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌は多くの種類がありますが、ガセリ菌SP株は胃酸によって死滅せず、生きたまま人の腸に到達し最大90日間という長期間にわたって留まる特徴があります。

コレステロールを吸着し血中コレステロールの低下作用や内臓脂肪の減少にかかわっているそうです。

皮下脂肪よりも内臓脂肪の減少率が高かった研究内容が科学雑誌(ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション)にも掲載されました。

皮下脂肪は皮膚のすぐ下にあり、つかむことができる脂肪です。

一方内臓脂肪は内臓の周囲につく脂肪のことです。

内臓脂肪が増えるとメタボリックシンドロームになりやすい特徴があります。

ガセリ菌SP株はその予防に活躍できそうです。

ガセリ菌SP株はCMで見かけるようにヨーグルトの中に含まれております。

手軽に摂取でき、その整腸作用は美容にも健康にもいい食品です。

さらなるガゼリ菌SP株の効果も期待でき、ぜひ摂取したい食品です。

=>ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプはこちらから


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ