寝ヨガダイエット

寝ヨガダイエットは朝目覚めたらすぐに行います。

リラックスした気分で呼吸が整っていることで効果が期待できるそうです。

呼吸は腹式呼吸を行い細胞が活性化し活発な新陳代謝を促します。

仰向けに寝た状態で体と垂直に両腕を伸ばします。手のひらは床におき膝をお腹につけるように曲げます。

次にゆっくりと膝を左に倒し顔は右に向けます。

膝は床につけず、また膝が開かないように気をつけましょう。

ゆっくり息を吐き10呼吸します。

息を吸いながら元の位置に戻し、次は反対側の右に同じ要領で行い10呼吸します。

このポーズは両腕を左右に伸ばすことでわき腹に負荷がかかりお腹の引き締めに効果があります。

次にうつぶせの姿勢からかかとを直角にしてつま先をゆかにおき、手はわき腹あたりにおきわきを締めます。

口から息を吐ききったら上体をそらしわきを締めて肩甲骨を背骨に引き寄せます。

息を吸いながらそのまま10呼吸します。

このポーズは肩甲骨の周りの筋肉を刺激し背筋を鍛え背中のぜい肉をとる効果があります。

ストレスを感じると食欲のコントロールが乱れ暴飲暴食を招き肥満になりがちです。

寝ヨガは心を落ち着かせ満腹中枢と空腹中枢のバランスを整え食欲コントロールを正常に導く効果もあります。

=>ヨガの本番アメリカの低価格ヨガグッズはこちら


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ