ゆっくりやればキツくない!?スクワットでダイエット

スクワットは体の筋肉のあらゆるところの部位を使うエクササイズです。

スクワットで鍛えられる大腿四頭筋、大臀筋等の筋肉は消費カロリーの高い筋肉です。

鍛えることで基礎代謝量があがります。基礎代謝とは寝ている時など動かない状態でも消費されるエネルギーのことです。

基礎代謝量は年齢を重ねていくにつれ衰えてしまいます。

食事量や生活活動量は変わらないのに最近太ってきたと感じるなら基礎代謝の低下が関係しているのかもしれません。

その基礎代謝量をあげるためには運動が有効な方法です。

基礎代謝量があがれば脂肪の燃焼を促進しエネルギーを消費する体質になります。

スクワットはダイエットにおすすめの運動です。

スクワットの方法は両足を肩幅に開いて立った状態から背中をまっすぐに伸ばし両腕は胸の前に伸ばします。

息を吸いながらゆっくりと腰を落とし太ももと床が平行になるようにします。

かかとは浮かないように気をつけましょう。

ゆっくり8カウントで行います。

ゆっくり行うことがポイントでゆっくりした動きは普段使用していない筋肉を鍛え増やすことができるのです。

1日に10回行うことを目標にしましょう。

筋肉が少ない方はきつく感じます。無理をせずに回数を減らして調整します。

またあまり負荷を感じない方はペットボトルを両手に持って重量をかけて行うことで筋肉をさらに鍛えることができます。

=>コワいほどやせる!骨盤スクワット(本)はこちら


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ