ゆっくりやればキツくない!?スクワットでダイエット

スクワットは体の筋肉のあらゆるところの部位を使うエクササイズです。

スクワットで鍛えられる大腿四頭筋、大臀筋等の筋肉は消費カロリーの高い筋肉です。

鍛えることで基礎代謝量があがります。基礎代謝とは寝ている時など動かない状態でも消費されるエネルギーのことです。

基礎代謝量は年齢を重ねていくにつれ衰えてしまいます。

食事量や生活活動量は変わらないのに最近太ってきたと感じるなら基礎代謝の低下が関係しているのかもしれません。

その基礎代謝量をあげるためには運動が有効な方法です。

基礎代謝量があがれば脂肪の燃焼を促進しエネルギーを消費する体質になります。

スクワットはダイエットにおすすめの運動です。

スクワットの方法は両足を肩幅に開いて立った状態から背中をまっすぐに伸ばし両腕は胸の前に伸ばします。

息を吸いながらゆっくりと腰を落とし太ももと床が平行になるようにします。

かかとは浮かないように気をつけましょう。

ゆっくり8カウントで行います。

ゆっくり行うことがポイントでゆっくりした動きは普段使用していない筋肉を鍛え増やすことができるのです。

1日に10回行うことを目標にしましょう。

筋肉が少ない方はきつく感じます。無理をせずに回数を減らして調整します。

またあまり負荷を感じない方はペットボトルを両手に持って重量をかけて行うことで筋肉をさらに鍛えることができます。

=>コワいほどやせる!骨盤スクワット(本)はこちら


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

美脚をつくるピラティスダイエット

脚が太くなってしまった原因は人それぞれです。

必要以上に発達した筋肉質の脚、運動不足で脂肪がついてしまった脚、
立ち仕事や長時間同じ姿勢でむくんでしまった脚、
どんな方でも正しい方法で脚を動かすというピラティスが有効のようです。

脚に関する悩みが多い女性は下半身に脂肪がつきやすい体質ではありますが、
長年の脚の動かし方のくせにより使うべき筋肉が使われていなかったり、
骨の動きが悪かったりして血流が悪くなっている可能性があります。

本来使うべき大腰筋や腸骨筋よりも太ももの
前面の筋肉を使ってしまう方は筋肉太りのタイプで
必要以上に前面の筋肉が発達しています。

また正しく股関節を動かすことができれば
リンパ節に刺激が入り老廃物を排出し血流をよくします。

ここをうまく動かすことができれば下半身のむくみは解消できます。

エクササイズは又関節をまわします。

仰向けに寝た状態で又関節と膝を90度にします。

手のひらを膝のお皿の上にのせます。

両膝を左右対称になるように膝を押し続けながら回します。

息は止めないように気をつけましょう。
反対回しも行い5周行いましょう。

簡単なのでリビングでくつろいでいる時でもできますし
寝る前に行うようにしてもいいでしょう。

股関節を動かすダイエットで美脚を目指しましょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

ピラティスダイエットで美背中を保つ

背骨を意識したエクササイズを行うことで
脊柱起立筋の筋肉を強化し背骨が正しい位置に整います。

姿勢が正しい位置におさまるときれいな背中をつくることができます。

筋肉の中で大胸筋や上腕二頭筋は強い筋肉ですが
腹部の筋肉は弱い傾向にあります。

大きな筋肉である大胸筋は体を前に縮める筋肉のため体は前かがみになり、
肩も内側に入り猫背になりがちです。

腹部の筋肉を鍛えることで前から後ろに押し上げます。

肩は開き、胸が持ち上がり猫背を改善してくれます。

腹筋と背筋を鍛えるエクササイズは座った姿勢から脚を前方に伸ばし
(軽く曲げる)両手を上へ持ち上げ息を吸います。

次に息を吐きながら両手を肩の高さに広げながら上体を左にねじります。

息を吸いながら両手を上に持ち上げて上体を正面に戻します。

次に息を吐きながら両手を肩の高さに広げながら上体を右にねじります。

左右交互に10回繰り返し行います。

腹筋と背筋を鍛えて背中がスッキリしてきます。

また背中の疲れもほぐれます。

背筋をのばすのがうまくいかない方はお尻の下にタオルを敷くと行いやすくなります。

ねじりを左右に入れる時バランスを確認しましょう。

左右の不均等さを確認しアンバランスを修正することでさらに姿勢を整えていきます。

やりにくい方は強化して行い調整するといいでしょう。毎日行い美背中を保ちましょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

インナーマッスルを鍛えるピラティスダイエットの基本

ピラティスは単純な動きの繰り返しで簡単にできそうにみえますが、
実際に行ってみると想像以上に筋肉を使うことを感じます。

日常生活では意識して使うことがないインナーマッスルを鍛えるのがピラティスなのです。

そのピラティスで重要なのが基本姿勢です。

基本の姿勢を忠実に守り呼吸法と共にエクササイズすることで効果が発揮されます。

ピラティスの基本姿勢はおへそと背中を引き寄せ腹部を平らにし、
骨盤を床と平行に保ちます。

ニュートラルポジションです。

もうひとつの基本姿勢はおへそと背中を引き寄せ腹部が斜めのラインになるように
骨盤をやや後倒しする姿勢です。インプリントポジションです。

腹筋だけではお腹の脂肪を落とせないのは
アウターマッスルと呼ばれる表面的な筋肉を主に動かしているからです。

表面的な脂肪を落とすのではなく内面的なインナーマッスルを鍛えることで
体の幹そのものを細くします。

呼吸法は胸が大きく広がることを意識して行う胸式呼吸です。

この基本姿勢と呼吸法を意識してエクササイズを始めてみましょう。

注意点としては食後すぐには始めず約2時間たってから行うほうがいいでしょう。

リラックスした状態をつくります。

筋肉トレーニングの要素が強いピラティスでは準備運動はかかせません。

首、肩を回し次に手首、足首を回します。

軽く前屈をしたり体側を伸ばしたり筋肉を伸ばしておきましょう。

運動不足の方はかなりきつく感じてしまうかもしれません。

無理はせず自分のペースで行いましょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

一生に一度の一生懸命!?ブライダルダイエット

結婚式にむけてダイエットを心がける方は多くいらっしゃいます。

せっかくの晴れ舞台を最高にキレイな姿で迎えたいと思うのも女性ならではのことです。

しかし短期間での無理なダイエットは体調を崩しかねませんし、その後のリバウンドも心配です。

最低1ヶ月~3ヶ月まえには始めていたいものです。

ブライダルダイエットで女性が気にするのは二の腕とデコルテのようです。

ドレス着用により普段は見せない部分が露出することや写真の写り具合も気になるようです。

二の腕は肩から肘の部分ですが体重は落とせたけれど二の腕はたるんでいるなど感じることがあります。

あまり使用しない部分に脂肪がたまりやすくやせにくのです。

トレーニングは500mlのペットボトルをダンベル代わりに使用します。

両手に持って手を真上に伸ばしてみましょう。

次に肘を固定し後ろへ引き上げます。

繰り返し各10回行います。

上腕三頭筋という腕を伸ばす筋肉を鍛えると二の腕が引き締まります。

デコルテは首から胸元のラインです。

胸筋を鍛えることでデコルテが美しく整います。

トレーニングは両手にペットボトルを持って仰向けに寝た状態で肘を曲げます。

手をまっすぐ天井にのばし10秒間キープします。

10回繰り返し行いましょう。

忙しいブライダル期間の生活に手軽にとり入れることができます。

スッキリとしたボディーラインで結婚式を迎えるために実践していきましょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

全身の筋肉をかなり使うトランポリンダイエット

トランポリンダイエットは5分程度ピョンピョン跳ねる運動をするだけで
ジョギングを1km走った時と同じ消費カロリーを得ることができる
有酸素運動です。

ピョンピョン跳ねるだけなのですがトランポリンの上で行うと
バランスを崩したりうまく跳べなかったりすることもあります。

トランポリンは全身運動です。

単純な動きで簡単に跳べそうに見えますが
全身の筋肉をうまく使用できない状態ではうまく跳ぶことができません。

実は全身の筋肉をかなり使う運動なのです。

トランポリンにより全身の筋肉を鍛えられて基礎代謝量があがり
エネルギーが消費されやすくなります。

繰り返し行うことで痩せやすい体質に体が変化してきます。

また普段使用していない筋肉が使用されて姿勢がよくなったり
肩こりが解消したり体の変化も感じられるようになるそうです。

ダイエット効果のある運動なのですがトランポリンがないと
実施できない方法なので手軽に始められない欠点もあります。

トランポリンはスポーツ用品店等で購入できるようです。

シンプルに跳ねることに慣れてきたらジャンプした時に腰にひねりを加えると
ウエストの引き締め効果につながります。

そして膝や腰に衝撃が少ないためケガをしにくいダイエット方法です。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

自転車で脂肪を燃焼させる有酸素運動でダイエット

自転車に乗って走ることは、
ウォーキングやジョギングと同じく有酸素運動になります。

競輪の選手のように激しくこいで負荷をかければ無酸素運動になります。

脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が有効です。
「自転車で脂肪を燃焼させる有酸素運動でダイエット」の続きを読む…


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

ホットヨガでダイエット

ホットヨガとはインドの気候と同じ環境を整えた
室温40度、湿度60%で行うヨガのことをいいます。

自宅ではこの環境を整えることは難しいので
ヨガスタジオやスポーツクラブなどで行うことになります。

高温多湿の環境により筋肉がほぐれやすくなり、
柔軟性が増すため体の硬い方にもおすすめです。

難しいポーズや激しい動きもなく、
ゆっくりとした動きと呼吸法をとり入れながら行うのですが、
汗がポタポタ落ちるほど大量の汗をかきます。

そのため水分補給を行いながらポーズをとっていきます。

45~120分のレッスンの後には
バケツの水をかぶったくらいの汗をかいています。

そのためウェアは吸汗速乾性の優れたものがいいようです。

高温多湿の環境で体は熱を各細胞間に送りだし汗として
熱を放出し体を冷やそうとします。

こうして体温を保つわけですがこの一連の流れが血流をよくし
デトックス、冷え症を改善、新陳代謝があがる、脂肪燃焼などの
ダイエット効果と関連してくるのです。

ダイエット目的で始めたホットヨガでも痩せたことはもちろん
他に肌がきれいになった、肩こりが治った、ストレスが発散できる、
集中力がついたなど実感することもあり
女性にとって魅力的な効果が期待できることも人気の理由のようです。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ