管理栄養士による食事のダイエット法とは

管理栄養士による食事のダイエット方法は、単に何かの食品を食べて痩せるという方法ではなく栄養バランスを考えた食事のアドバイスとなります。

栄養バランスが整っていないと健康を害することになったり、リバウンドして前よりも太ってしまうことがあります。

栄養バランスが整っていても消費カロリーが摂取カロリーより大きくなくてはやせることができません。

様々な栄養素を組み合わせて適量を適正バランスで摂取することが基本になります。

カロリーになる栄養素は3大栄養素と呼ばれ、糖質、たんぱく質、脂肪となります。

体のエネルギー源や体の組織を作ったり、体温を維持したりする重要な栄養素です。

ビタミン・ミネラルはその3大栄養素を効率よく働かしてくれる潤滑油的存在であり体の調子を整える役割もあります。

3大栄養素を摂らずにビタミン・ミネラルだけ摂っていても意味がありません。

糖質はご飯やパン、めん類などの炭水化物が主な食品です。

たんぱく質は肉、魚、卵、大豆製品、乳製品が主な食品です。

脂質は油脂類となります。

ビタミン・ミネラルは野菜類、きのこ類、海藻類が主な食品です。

適量は体格、性別、活動量でおおよそ1日の摂取カロリーが決定します。

それぞれの食品の量はエネルギー比で表し糖質は55~65%、たんぱく質は15~20%、脂質は20~25%の摂取量の基準で管理栄養士が食事のアドバイスをしています。

=>管理栄養士による一生ものの健康的な食事方法を身につけたい方はこちらから


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ