年末年始のダイエット注意点

年末年始の暴飲暴食はダイエットの大敵です。

一年のうちで最も太りやすい時期なのです。

増えてしまった体重を落とすのは大変なことです。

わかってはいるけれど、友達や仕事のつきあいははずせないし、一年間の自分へのご褒美もしたいなど悩んでしまいます。

忘年会、新年会、クリスマス会など飲み会は参加してしまうとついつい食べ過ぎてしまうこと、高カロリーメニューだということを自覚して必要な会以外は参加しないなど自分なりのルールを決めておきましょう。

また、前日や後日は食事量を少なくし体重の増え過ぎをカバーする工夫をします。

極端に食事量を減らしたり断食したりするはかえって太りやすくなるので注意しましょう。

深酒を控え、揚げ物は控えて野菜中心のおつまみを選びます。

水をチェイサーにしてお酒と交互に飲むといいでしょう。

アルコールの適量はビールならば中びん1本(500ml)、日本酒ならば1合(180ml)です。

おつまみの唐揚げを冷や奴にすると-200kcal、天ぷらをお刺身にすると-330kcal、コロッケを野菜の煮物にすると-180kcalとダウンできます。

飲食後、ラーメンやお寿司などの炭水化物の摂取もカロリーオーバーの原因になります。

食べる時間も夜中になり体に脂肪がつきやすくなります。年末年始の食べ過ぎを工夫してのりきりましょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

管理栄養士による食事のダイエット法とは

管理栄養士による食事のダイエット方法は、単に何かの食品を食べて痩せるという方法ではなく栄養バランスを考えた食事のアドバイスとなります。

栄養バランスが整っていないと健康を害することになったり、リバウンドして前よりも太ってしまうことがあります。

栄養バランスが整っていても消費カロリーが摂取カロリーより大きくなくてはやせることができません。

様々な栄養素を組み合わせて適量を適正バランスで摂取することが基本になります。

カロリーになる栄養素は3大栄養素と呼ばれ、糖質、たんぱく質、脂肪となります。

体のエネルギー源や体の組織を作ったり、体温を維持したりする重要な栄養素です。

ビタミン・ミネラルはその3大栄養素を効率よく働かしてくれる潤滑油的存在であり体の調子を整える役割もあります。

3大栄養素を摂らずにビタミン・ミネラルだけ摂っていても意味がありません。

糖質はご飯やパン、めん類などの炭水化物が主な食品です。

たんぱく質は肉、魚、卵、大豆製品、乳製品が主な食品です。

脂質は油脂類となります。

ビタミン・ミネラルは野菜類、きのこ類、海藻類が主な食品です。

適量は体格、性別、活動量でおおよそ1日の摂取カロリーが決定します。

それぞれの食品の量はエネルギー比で表し糖質は55~65%、たんぱく質は15~20%、脂質は20~25%の摂取量の基準で管理栄養士が食事のアドバイスをしています。

=>管理栄養士による一生ものの健康的な食事方法を身につけたい方はこちらから


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

快眠度チェックでダイエット効率をアップ!

睡眠は心身の休息の機会です。

質の良い睡眠は、ストレス解消はもちろん、生活習慣病の改善、そしてダイエットにも重要です。

質のよい睡眠ができていないと食事をして満腹感を得られるレプチンというホルモンが減少し、同時に食欲を増進させるグレリンとういホルモンが増加するという報告があるのです。

過食が進んでしまいエネルギー過剰により太ってしまう危険があります。

快眠度をチェックしてみましょう。

睡眠時間は7時間以上とっていますか?
布団に入るとすぎ眠れますか?
寝付くと多少の音でも目を覚まさず朝まで眠れますか?
日中は眠くならないですか?寝起きはいいほうですか?
寝室は静かで快適ですか?

当てはまる項目が多ければあなたの睡眠状態は良好です。

当てはまる項目が少ない方は睡眠の質を改善する必要があります。

深い眠りを得られるように工夫してみましょう。

朝は決まった時間に起きる、夜12時前に就寝する、就寝1時間前にぬるめのお風呂に入る、音楽や香りなど自分なりにリラックス方法を見つける、就寝3時間前に軽い運動をする、就寝3時間前にカロリーのある物を摂取しない、昼寝は15~20分で効果的にするなど気をつけてみましょう。

常に快眠度をチェックしてダイエット効率をあげましょう。

=>快眠枕 スリーパードクターズピローはこちらから


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

時間を有効に。家事をしながらダイエット

毎日の家事を上手にダイエットにつなげれば無理せずに毎日ダイエットを行うことができます。

ながら運動の考案者の長野茂先生から生まれたダイエット方法として家事ながらダイエットは雑誌やテレビでも話題になりました。

家事ではお料理する時や掃除する時、買い物している時等立ちっぱなしになることが多いです。

その時に背筋を伸ばしお腹を意識してギュッとへこませた姿勢を保ちます。

腹式呼吸でゆっくり息を吐きながらお腹を背中とくっつけるイメージです。

自然呼吸しながら30秒間キープし1日何回でも行います。

プラスしてキッチンで作業している時にその姿勢から足を少し持ち上げて足裏全体で床を押すように足踏みをします。

次にシンクの端などに手をあてて片足立ちでひざを上下にゆらします。

背筋と腹筋を使うことでおなか周りの筋肉を鍛えることができます。

そして洗濯物を干す、冷蔵庫の物の出し入れ、片づけなどする時には背筋をのばしたまま、お腹に力をいれて腰を曲げずにゆっくり腰から落とし膝をまげ、ゆっくり立ち上がる動作を身につけましょう。

この動きはスクワットと同様に太もも、お尻、腰、ふくらはぎの筋肉を鍛え下半身の引き締めに効果的です。

家事の動きを少し工夫するだけで消費カロリーがあがり筋肉を鍛え引き締め効果を期待できます。

=>ながらに最適!デスクトップ付きエクササイズバイクはこちら


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ
家事

ダイエットモニターの注意点

ダイエットモニターとは企業から最新のダイエット商品や運動器具、サービス等を無料で提供され体験を続け、体重やサイズまたは全身の写真等のダイエット経過を報告していくことです。

企業の商品やサービスの向上や販売促進が目的です。

ダイエットに興味関心がある方はお得に簡単にやせることができるかもと思いがちです。

しかし無料で痩せられるかもしれませんが、効果が出るかわからない商品を使い続けなければいけない不安もあります。

また写真付きで雑誌などに載ってしまうことに抵抗もある方もいます。

トラブルにならないように注意が必要です。

中には最初は無料でも続けていくうちに有料のコースを契約させられたり、最初から無料は一部で他のものを購入しなければ効果がでにくいなど高額な商品を購入させられたり、契約をかわす前に商品が送り付けられたりすることがあります。

本来の正当な目的のみのモニターばかりでなくこのように商品を売り付ける目的の場合がありますので慎重に見極めなければなりません。

契約になって即決断を迫られた場合など不安がある場合は一度家族や友人に相談してからと冷静になる時間が必要です。

なかなかその時間をあたえまいとするのも手口なので気をつけましょう。

契約してしまった場合にはクーリングオフ制度があります。

期間内であれば契約解除することができます。期間をしっかり確認しておきましょう。

ただより怖いものはないと肝に銘じて冷静に判断しましょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

美脚をつくるピラティスダイエット

脚が太くなってしまった原因は人それぞれです。

必要以上に発達した筋肉質の脚、運動不足で脂肪がついてしまった脚、
立ち仕事や長時間同じ姿勢でむくんでしまった脚、
どんな方でも正しい方法で脚を動かすというピラティスが有効のようです。

脚に関する悩みが多い女性は下半身に脂肪がつきやすい体質ではありますが、
長年の脚の動かし方のくせにより使うべき筋肉が使われていなかったり、
骨の動きが悪かったりして血流が悪くなっている可能性があります。

本来使うべき大腰筋や腸骨筋よりも太ももの
前面の筋肉を使ってしまう方は筋肉太りのタイプで
必要以上に前面の筋肉が発達しています。

また正しく股関節を動かすことができれば
リンパ節に刺激が入り老廃物を排出し血流をよくします。

ここをうまく動かすことができれば下半身のむくみは解消できます。

エクササイズは又関節をまわします。

仰向けに寝た状態で又関節と膝を90度にします。

手のひらを膝のお皿の上にのせます。

両膝を左右対称になるように膝を押し続けながら回します。

息は止めないように気をつけましょう。
反対回しも行い5周行いましょう。

簡単なのでリビングでくつろいでいる時でもできますし
寝る前に行うようにしてもいいでしょう。

股関節を動かすダイエットで美脚を目指しましょう。


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

「体全身からかもしだしている素敵なセンス」モデルさんのダイエット

ファッションショ―、雑誌やテレビなどで
活躍しているモデルさんのスタイルの良さや
体全身からかもしだしている素敵なセンスは女性ならば誰もが憧れます。

そんなモデルさんのスタイルの維持のための食事と
運動習慣を参考にしてみましょう。
「「体全身からかもしだしている素敵なセンス」モデルさんのダイエット」の続きを読む…


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

つらい時期。。。ダイエットの停滞期を乗り切るために

ダイエットを実践してきた方ならば停滞期を経験したことがあるでしょう。

停滞期はダイエットをしている中で順調に体重が減ってきたと喜んでいた矢先に
なぜか体重が減らなく状態が続きます。

いつもと変わらず食事制限をしていても運動に励んでいても
そのような状態になるのです。
「つらい時期。。。ダイエットの停滞期を乗り切るために」の続きを読む…


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

男性ダイエットと女性ダイエットの違い

男性と女性では筋肉と脂肪の付き方に違いがあり、
女性は筋肉が太くなりにくく皮下脂肪がつきやすい特徴があり
男性は筋肉が太くなりやすく女性に比べ皮下脂肪がつきにくく
内臓脂肪がつきやすいそうです。
「男性ダイエットと女性ダイエットの違い」の続きを読む…


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ

元に戻るの?産後ダイエットのタイミング

出産を終えて子育ても忙しいけれど、
自分の体重や体型も気になりダイエットしたいけれど授乳しているし、
いつからダイエットを始めるのがベストなのか知りたいところです。
「元に戻るの?産後ダイエットのタイミング」の続きを読む…


応援お願いします!

ダイエット ブログランキングへ